読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミタブログ

鑑賞、読書、たまに観劇

映画 MATSUMOTO TRIBE を見てきました@新宿武蔵野館

映画が好きな作文です。
「MATSUMOTO TRIBE」を見てきました。
おもわず声を出してしまうほど、笑いました。

 

▼概要はこちら(フライヤーとYouTube予告動画の説明文より)

”嘘”が現実を超えるーー。
あなたの概念を覆す、驚きと歓びに満ちた85分。
MATSUMOTO TRIBE

Introduction
大学時代に製作した近未来SFアクション映画「SLUM-POLIS」が全国の映画祭で評判になり、異例の劇場公開デビューを果たした俊才・二宮健(25)。彼のいかなるジャンルからも自由で、自身の感性のまま映画を撮り続けるスタイルは、早くも日本映画界に強力なインパクトを残している。そしてその真骨頂といえるのが今作「MATSUMOTO TRIBE」だ。彼独特のスピード感あふれる映像と音楽に身を委ねるうちに、あなたは”嘘”が”現実”を超えていく驚愕のラストを目撃することになる。この作品のスピリッツに共感して「トイレのピエタ」の松永大司監督、「ディアーディアー」の菊地建雄監督、「合葬」の小林龍生監督がそれぞれ本人の役で重要な役どころを演じているのも注目だ。MATSUMOTO TRIBEで日本映画の新たな波を体感せよ。

Story
無名の俳優・松本ファイター。自分の芝居力を世の中に伝えたいと、松永大司監督(「トイレのピエタ」)の新作のオーディションに無理矢理参加することになったのだが、待ち受けていたのは松本ファイターが思い描いていた賞賛の声ではなく、夢に破れるよりも辛い現実であったーー。リアルとフィクションが交差するとき、”世界”は芝居という固定概念を覆し始める。そして迎える衝撃のラスト18分…人間の心の丸裸な姿を、あなたは目撃する。

4月15日(土)より新宿武蔵野館にて1週間限定レイトショー。
監督:二宮健
CAST:松本ファイター 松本穂香 小村昌士 小林達夫 菊地健雄  /  松永大司 

www.excite.co.jp

MATSUMOTO TRIBEを見にいくまで

f:id:sakubun10:20170420111251j:plain

2017年4月19日(水)、「最近、仕事づくめだなぁ…」と思って、気晴らしに映画館まで行ってきました。最初は ムーンライト でも見ようと思って、TOHOシネマズ 新宿のサイトを開いたんですけど、どうも気分が乗らなくて、「そうだ、シネマカリテにいこう!」と視点を変えていったら、系列の新宿武蔵野館で1週間限定上映している MATSUMOTO TRIBEを見つけました。まったくの偶然で見つけた映画だったから、ニノケン(二宮健監督はニノケンと呼ばれているそう)のことも初耳でした。だからニノケンのことは未知だったんですけど、わたしは冒頭のトレーラーをみて、好きなフェイクドキュメンタリーだったことがわかり、上映後のトークイベントに中村ゆりさんが出ることを発見し、1週間限定上映だったことに焦って、チケットを衝動買いしました。

席の取り方@新宿武蔵野館

21時10分の上映開始で、16時頃に前売りチケットを買ったんですが、前列2列(A・B)はほぼ満席。3・4列目(C・D)は1つ飛ばしで席が埋まっているような感じでした。新宿武蔵野館の席からスクリーンの距離は、最前列でたぶん1〜2メートルと近いので、映画をみる上では5列目(E)が個人的にベストです。昨日は5列目センターのE-6席が空いていたので、そこを取りました。E-6席はスクリーンを真正面で見ることができます。だから、とっても見やすい席です。ただ字幕は3列目センターのC-6席の人の頭で読みにくくなるので、洋画の場合は、自分より前の席に座っている人たちの頭を避けることができるように、センターから左右どちらかに2席分くらいズレた席を取るほうがいいですよ!

MATSUMOTO TRIBEの感想

MATSUMOTO TRIBEは、ドキュメンタリーにダウンタウンのコントをミックスしたような作品でした。トレーラー動画の通りの作風だったので、動画で興味を持っていく人を裏切らない作品でした。5列目(E)席に座った人たちは、みんな声を出して笑っていました。わたしも声を出して笑いながら見ました。気晴らしにはうってつけの映画でした。

そもそも、わたしはフェイクドキュメンタリーが好きです。フェイクドキュメンタリーっていうのは、ドキュメンタリーのように映画作品をつくるスタイルで、ノンフィクションのように見せるフィクションです。わたしは写っていることがホントかウソかってあまり気にしていなくて、写っているものを見てどんな気分になるのかを楽しんでいます。MATSUMOTO TRIBEは全85分の作品ですが、およそ前半から45分ぐらいは笑って、後半に向かっていくにつれて、何か真実を見せられているような気分になってくる映画でした。

MATSUMOTO TRIBEはシリーズ3作目なんだそうです。前作のMATSUMOTO REVOLUTIONはYouTubeで見れました。

最後に、中村ゆりさんは画面と変わりなし

f:id:sakubun10:20170420111345j:plain

この写真のまんまでしたよ。

shinjuku.musashino-k.jp

matsumototribe.tumblr.com